クリンプ金網

クリンプ金網について

特徴
縦・横の線材を交互に編んだ網目のデザインで、線材は同ピッチの凸凹を持った波状の列線とし、縦線・横線を一定の目合に配列して編みあげた金網です。線径も使用目的に応じて自由に選択できるため、その用途は餅焼き網・焼き肉網などの生活用品から、コンクリートの骨材といったあもり目にすることのない土木、建築、環境の分野にいたるまで多岐にわたり広がっています。
​このクリンプ金網は一般的な金網既製品もあり、各種網型のうちもっとも普及しています。

アーチ型クリンプ金網

​メッシュと線径の許容限度まで製作可能で、耐久性に優れているため、重量物や大塊の篩い分けに最適です。

フラットトップクリンプ金網

(Flat Top Crimp)

​このクリンプ金網は一般的な金網既製品もあり、各種網型のうちもっとも普及しています。

セミインタークリンプ金網

​縦線が直線、横線がクリンプ線になっており、大量生産や極小メッシュ製作に適しています。

織網型クリンプ金網

平織製作極限以上、小数量の製作に適し、網目に対して太い線径が使用可能なため強度が高く、磁石、金属塊の選別などに使用されています。

ロッククリンプ金網(Lock Crimp)

​網目の歪みを防止するために、線に特殊な屈曲を施した篩間の長い金網です。極大線材で網型を形成しており、岩石などの大塊の選別に最適です。