バブルポイントプレッシャー

プレッシャードロップについて

バブルポイントプレッシャー(バブルポイント圧力)

テストフィルターをテスト液に決め、フィルター内にガスを徐々に加圧しながら注入する。テストフィルターの表面から最初に気泡が発生した時の圧力をバブルポイントプレッシャーと言い、フィルターのろ過精度と密接な関係があります。
                      37000
ろ過精度=―――――― 
        BPP in Pa
BPP:バブルポイントプレッシャー
​Pa:パスカル

プレッシャードロップ(圧力損失)

​フィルターの圧力損失(△P)は以下の公式により求めることができます
        Q     H
ΔP=――μ・――
    A   K         
ΔP=圧力損失(Pa)、Q=流量 、μ=粘度 、H=フィルターの厚さ
A=フィルターの表面積 、K=ろ過係数